シンプルライフ:はじまりの日々

衣食住をそれぞれシンプルに。ていねいな生活を目指して。

あれから6年

東日本大震災から6年。

揺れも感じず、夕方になってテレビをつけたら

広い田園地帯を津波が押し寄せる映像が流れていて、

当時生後半年の娘を抱きかかえて呆然としました。

私は阪神淡路大震災の揺れを京都で経験しましたが、

そのとき自分はこどもで、守ってもらえる側の防災を

考えただけでした。

いま、大人になり母になり、子どもや地域の人も守ることを

考える立場なのだと、改めて認識しました。

 

でも、もし災害で私が突然この世を去らないといけなくなったとき、

何が心配って、自分の子ども達のことだと思い、

そういう思いで命を落とした方々がほんとにたくさんいるはずで、

少しでも力になれたらと思い、

「桃・柿育英会」に、年1回、10年間寄付を続けることにしました。

もうすぐ6回目の引き落としがあります。

この6年、本当に良い方向に進めているのだろうか。

まだまだ苦しみの中にいる方々がいらっしゃるわけで、

自分のすべきこと、できることを考え続けたいと思います。

シンプルライフの中に、ヒントがたくさんあると確信しながら…

 

 

MOMO-KAKI ORPHANS FUND / 桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金